産後ケアの必要性について

女性は妊娠中に、出産する為にリラキシンというホルモンを分泌します。
これは靭帯をゆるめるホルモンで骨盤を始めとする全身の靭帯を緩め、
出産に向けて骨盤を開いていきます。
産後6ヶ月はこうして骨盤が緩む為、骨盤関節に問題が生じ、
肩こりや腰痛、くしゃみなどで尿漏れを起こすケースもあります。  
出産後はリラキシンは出なくなり、徐々に骨盤は戻ろうとします。
この戻ろうとしている産後3〜6か月までに骨盤矯正を行うのがお薦めです。

産後に起こりやすいトラブル

骨盤が開いている感じがする。(がくがくする)
授乳や抱っこ等で、肩コリや、腰痛がする。
産後の尿漏れや痔が治らない。
お腹やお尻周りがむくみ、手足が冷えるようになった。
体重が戻りにくくなっていきます。 一度の施術で、この症状の改善を、実感していただけます。

産後ケアとしての骨盤矯正

リラキシンと言うホルモンで骨盤が開いている状態を、
骨盤矯正と骨盤底筋群と呼ばれる骨盤の下にある、
骨盤の位置を正しい位置にする為に、
使われている筋肉を鍛え、骨盤の位置を戻していきます。
骨盤矯正と言っても、痛みはありません。
ソフトにストレッチを入れていき、骨盤周りの筋肉を
マッサージで緩め、ストレッチポールを使って
骨盤底筋群を鍛えます。
整体に良くあるすぐに元に戻ると言う事のない、
矯正法です。

骨盤矯正後に違いがすぐに分かっていただけると思います。

矯正前と矯正後では、体の柔軟度が変わります。
体の捻じれもとれる為、肩コリ、腰痛、体の違和感が
とれていくのを実感できると思います。
誰の為でもなく、お母さんの体の健康の維持は
家族の体と心の健康を維持する為に必要な事です。
ぜひ、ご家族の為にも、ご自分の体を健康にしていってください。

 初回4320円 2回目以降3780円

(当院に通院されてる方または子育応援カードをお持ちの方は 500円引き)